FXForeign Exchange

マーケット情報

マーケット情報

FXレポート

2018年7月10日

外国為替市況  

  ドル円は反発。ダウ平均が340ドル超高まで上げたことも買いを誘い、2時30分過ぎには一時110.90円まで値を上げた。その後も高値圏で底堅く推移した。 

 ポンドドルは軟調。ジョンソン英外相の辞任が伝わると先行き不透明感が高まったことを嫌気した売りに押されて1.3190ドルまで値を下げが、メイ英首相への不信任案が提出されるとの思惑が保守党議員より否定され1.3270ドル台まで戻す。 

 ユーロドルは3日続伸。一時1.1791ドルまで上昇する場面があったが、その後は対ポンドでのドル買いが波及したことで上値が下がり、ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が「少なくとも2019年夏まで金利を据え置くと予想」との見解もあり、一時1.1733ドルまで下押し。引けにかけてはポンドドルと同じく下げ渋り。  

※当サービスは投資勧誘を目的としたものではなく、情報提供のみを目的としております。

第一種・第二種金融商品取引業(関東財務局長(金商)第236号)、商品先物取引業(店頭商品デリバティブ取引)
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本商品先物取引協会、日本投資者保護基金
一般社団法人日本仮想通貨事業者協会 準会員 会員番号2024

pagetop

資料請求のお問い合せはこちらのメールフォームまたはお電話にて承っております。