FXForeign Exchange

FX取引が持つ可能性の世界へ

FX

為替レートは「国の力を示すもの」といわれます。 景気・物価・金利・政策…など様々な要素がそこには反映されます。 国際化の中で高まる「円資産だけのリスク」 将来を見据え効率的な分散投資をFX取引で。

本日のイベント

イベント(経済指標)の発表により、価格が非常に大きく変動することがあります。重要な指標等はしっかり確認しておくことが重要です!

週間カレンダーはこちらから

リスク等の重要事項

弊社の店頭外国為替証拠金(FX)取引(以下「本取引」といいます。)について、以下の重要事項をよくお読みください。

  • 本取引は、お客様が弊社に預託する証拠金の額に比べ大きな額の取引が可能であり、原資産である外国為替の価格の変動により損失が発生する可能性があります。またその損失額は預託された証拠金額を上回る可能性もあります。
  • お客様に提示する売値と買値にはスプレッドと呼ばれる差額があり、スプレッドは相場環境等によって変動する場合があります。

本取引は取引に伴うリスクをご理解いただいた上で、お客様ご自身の責任で行っていただきますようお願いします。

証拠金及び手数料

(店頭外国為替証拠金取引) 証拠金:(店頭外国為替証拠金取引)各インターバンク市場で提示される為替レートを基準に弊社で定めた前営業日の終値による想定元本に4%を乗じて算出した必要証拠金を毎営業日適用いたします。手数料:プレミアコースの場合、10万通貨単位あたり片道6,000円、20万通貨単位あたり片道5,000円、30万通貨単位あたり片道4,000円、50万通貨単位あたり片道3,000円、100万通貨単位あたり片道2,500円(但し、日計り取引の場合は決済時の取引手数料が無料)。インターネット取引コースの場合、1万通貨単位あたり片道300円(但し、お客様の事情により電話取引した場合、1万通貨単位あたり別途1,000円の電話注文手数料がかかります。)となります。

本取引は、クーリングオフは適用対象外となります。本取引を開始されるにあたっては、取引説明書及び取引約款をよくお読みになり、取引の仕組みやリスクを十分にご理解の上、お取引を開始していただくようお願い致します。

第一種・第二種金融商品取引業(関東財務局長(金商)第236号)、商品先物取引業(店頭商品デリバティブ取引)
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本商品先物取引協会、日本投資者保護基金
一般社団法人日本仮想通貨事業者協会 準会員 会員番号2024

pagetop

資料請求のお問い合せはこちらのメールフォームまたはお電話にて承っております。