新着情報What’s New

お知らせ

お知らせ
ファンド
FX
CFD
注意

2019.05.13 お知らせ

2019年6月16日(日)ラジオNIKKEI共催 あい証券経済セミナー開催

お客様各位

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、この度、「あい証券株式会社ラジオNIKKEI共催の特別経済セミナー」を開催することとなりました。

講師にラジオNIKKEI等でおなじみの「鈴木一之」氏をお招きします。
皆様には是非ともご参加頂けますようご案内申し上げます。

つきましては恐れ入りますが、ご参加をご希望されます場合は、下記のお申し込み先へお申し込み下さい。 
尚、会場の虎ノ門琴平タワーは駐車場が限られておりますので、公共の交通機関をご利用して頂きますようお願い申し上げます。

尚、定員数に限りがございますので、セミナー参加希望のお客様はお早めにお申込みください。
セミナー申込者数が定員を超えた場合は抽選となります。
(抽選となった場合、当選者の発表はセミナー参加受講票の発送をもって代えさせていただきます。)

セミナー参加受講票はセミナー開催日の約一週間前を目処に発送いたします。

ご質問等がございましたら下記までご連絡ください。
フリーダイヤル:0120-849-188 金融市場部まで。
スタッフ一同、ご来場をお待ちしておりますので、よろしくお願い申し上げます。

【お申し込み先】
TELでのお申し込み:0120-849-188
弊社ホームページでのお申し込み:http://www.isec.jp/seminar/

お申し込みはこちら

【セミナー詳細】
【講演】「ラジオNIKKEI共催 あい証券経済セミナー」
【講師】 鈴木一之 氏
     田中英治氏(あいグローバル・アセット・マネジメント株式会社代表取締役社長)
     鎌田伸一記者(ラジオNIKKEI)
     加藤丈典(当社代表取締役社長)
【日程】 2019年6月16日(日)
【時間】 13:00-15:30 (開場時間は12:30)
【定員】 80名(セミナー申込者数が定員を超えた場合は抽選となります)
【会場】 虎ノ門琴平タワー内3階セミナールーム(東京メトロ銀座線 虎ノ門駅2番出口より徒歩1分)
【料金】 無料

【鈴木一之氏プロフィール】
大和証券にて株式トレーディング室に配属され、以降ほぼ一貫して株式トレードの職務に従事。
1990年前後のバブル発生期から崩壊後まで、相場の最前線にいました。
2009年1月より現職でテレビ、ラジオ、新聞、マネー誌等でも活躍中。
分析とわかりやすい語り口調で多くのファンを持ちます。


【田中英治氏プロフィール】
あいグローバル・アセット・マネジメント株式会社代表取締役社長
1981年 名古屋市立大学経済学部卒業後、野村證券投資信託販売入社。
1984年 国際投信委託転出。ファンド・マネージャー、投信企画部長、商品企画部長などを歴任。
1985年 国内初のインデックス・ファンド開発を担当。
1997年 日本最大級の投資信託に成長した「グローバル・ソブリン・オープン」の開発を指揮。
1999年 プルデンシャル三井トラスト投信入社、取締役運用部長兼CIO、取締役営業部長などを歴任。
2001年 確定拠出年金制度創設に伴い、米国の確定拠出年金制度の紹介・研修・確定拠出年金専用ファンドの提供により、制度普及に貢献。
2003年 投信総研設立、代表取締役社長兼CEO。以後JPBM證券代表取締役社長兼CEO、日興アセットマネジメント マネージングディレクター、キャピタルアセットマネジメント債券運用部長、内部監査室長などを歴任。
2018年10月より現職

 

お申し込みを頂きましたお客様に「セミナー参加受講票」をご郵送致します。セミナー当日は、この「セミナー参加受講票」をご持参の上、ご来場下さい。尚、当日、「セミナー参加受講票」をお忘れになられた方は、会場にて登録受付を致しますのでお申出下さい。
※セミナー申込者数が定員を超えた場合は抽選となります。抽選となった場合、当選者にのみ「セミナー参加受講票」を発送致します。

※本セミナーは、弊社取扱商品の説明・勧誘のために行います。当該説明において商品等の勧誘を行う場合があります。セミナー資料は、弊社が信頼できると判断するデータを使用して作成しておりますが、掲載する内容の完全性や確実性について、弊社はその責任を一切負うものではありません。お客様の個人情報は厳正に管理しております。お客様の個人情報は、弊社の取扱商品、弊社が将来取り扱う商品の情報提供を行う際に利用する場合があります。

 

第一種・第二種金融商品取引業(関東財務局長(金商)第236号) 商品先物取引業(店頭商品デリバティブ取引)加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会

pagetop

資料請求のお問い合せはこちらのメールフォームまたはお電話にて承っております。