ファンドFund

スーパーファンド・グリーン・ワン・ジャパン

スーパーファンド・グリーン・ワン・ジャパン

受益証券の形態等

形態

記名式無額面受益証券(オープン・エンド型)

クラス

1.円建ての円ヘッジ有クラス及び円クラス、ゴールド円クラス及びシルバー円クラス

2.米ドル建ての米ドル・クラス、ゴールド米ドル・クラス及びシルバー米ドル・クラス

(以下、1は「円建てクラス」2は「米ドル建てクラス」と表記)

発行価格及び発行日(各クラスに適用)

各評価日に発行 円建てクラス:1口100円 米ドルクラス:1口1米ドル

※弊社では、シルバークラスの取扱いはしておりません。

注意点

各評価日に発行された各クラスの受益証券は、当該評価日に当該クラスの既発行分と即座に統合され、当該評価日における当該クラスの純資産価格に応じて、申込者に発行された受益証券数が調整されます。そのため、最終的には、各クラスの受益証券は、各評価日現在における当該クラスの1口当たりの純資産価格により、当該評価日に発行されることになります。

お申込み手続き等

当初募集期間

2015年9月14日から2015年11月26日まで

継続募集期間

2015年11月27日から2016年6月30日まで(後続シリーズ)

申込単位

全クラス:5,000口以上、100口単位
ただし、毎月末最終評価日のみ、1,000口以上100口単位の購入可能

※弊社では、シルバークラスの取扱いはしておりません。

当ファンドは、日本の現行の課税上は公募外国株式投資信託として取り扱われます。以下の表は個人投資者の源泉徴収時の税率であり、課税方法等により異なる場合があります(法人の場合は、下記とは異なります。)。また、当ファンドは小額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」の適用対象です。NISAの取扱いの有無については、お取引先の販売会社又は販売取次会社に、ご確認下さい。

時期換金(買戻し)時
項目所得税及び地方税
税金譲渡所得として課税。換金(買戻し)時の差益(譲渡益)に対して20.315%
注意.1

さらに有価証券届出書を提出することによって継続申込期間を更新し、受益証券の募集を継続することが現在意図されています。

注意.2

販売会社は、管理会社と協議の上、上記の申込単位の一部又は全部を変更することがあります。

申込者は、販売会社(販売取次会社を含みます。以下同様です。)と「外国証券の取扱いに関する契約」を締結します。販売会社は「外国証券取引口座約款」を申込者それぞれに交付し、申込者は当該約款に基づき取引口座の開設を申し込む旨を記載した申込書を提出します。申込者は、受益証券の申込に関する必要事項(申込者の身分証明及び申込受益証券数等)を記入した申込書を、各評価日の2ファンド営業日(申込期日)前までに販売会社へ提出し、申込金(申込金額及び申込手数料)を同日までに販売会社に支払います。

ファンド用語の定義

ファンド営業日
土曜日、日曜日以外の東京、英国、ニューヨーク及びケイマン諸島及びルクセンブルグにおける通常の銀行営業日

本邦営業日
土曜日、日曜日以外の東京における通常の銀行営業日

評価日
各水曜日の直前のファンド営業日、又は、各暦月の最終週においては、当該暦月の最後のファンド営業日

国内受渡日
関連する評価日の1ファンド営業日前の本邦営業日

買戻金支払期日
販売会社が事務管理会社から取引計算書及び適用される買戻価格を正午(東京時間)までに受領して確認した日(同日を含みます。)から4本邦営業日以内の本邦営業日

買戻し手続き等

受益権者は、該当評価日の2ファンド営業日前までに当ファンドの販売会社に対して通知することにより、買戻日に保有する受益証券のすべて又は一部の買戻しを請求できます。この買戻しは、当該買戻日に係る評価日の受益証券1口当たりの純資産価額により行われます。販売会社は買戻金支払期日までに買戻金を受益権者に支払います。

※当ファンドの申込み及び買戻請求に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定によりいわゆる「クーリングオフ規定」が適用されません(締切期日を過ぎての申込みの撤回や買戻請求の取消はできません。)。

ファンドの費用・手数料等

スーパーファンド・グリーン・ワン・ジャパンのレベルにおける 手数料及び報酬等

投資者が直接的に負担する費用

購入時手数料(申込手数料) 申込金額に上限5.40%(税抜5%)の申込手数料率を乗じた額 金融商品販売時における、投資家に対する資料提供及び説明、受発注取次事務、約定及び受渡し関連事務・連絡等の薬務に対する報酬・費用

~1,000,000口未満…3.24% (税抜き3.0%)
1,000,000口以上~…2.16% (税抜き2.0%)

換金(買戻)手数料

以下の場合において、管理会社の裁量により、換金(買戻)価額の2%の換金(買戻)手数料が課され、管理会社により収受されます。

  • 受益証券の買戻請求が当初の申込時から12ヶ月以内になされた場合
  • 強制買戻しが当ファンドによってなされた場合

投資家が保有するファンド資産の買戻し手続きを行うにあたり、換金のための資金を当ファンドから捻出するためにコストが発生した場合、その金額に対する負担

投資者が信託財産で間接的に負担する費用

管理会社報酬

純資産価額の年率0.1%受託会社、事務管理会社及びカストディアンその他の者との間のやりとり、当ファンドの活動に関連する契約の管理、申込及び償還を含む投資活動の運用管理の対価

受託会社報酬

年間12,000米ドル信託証書に従って行う当ファンドの受託業務に対する報酬

事務管理報酬 セットアップ報酬

当ファンドにつき1,000米ドル当ファンド設立に係る役務への対価

当ファンドの事務管理及び振替代行報酬

当ファンドにつき年間9,600米ドル各評価日における純資産価額の計算、受益権者名簿の管理、締結された申込に係る契約及び申込の受領並びに処理、電磁的方法による受益証券の発行証明及び保有報告書の作成並びに送付等の役務の対価

年次報告書及び監査手配報酬

年間400米ドル関連する規制に則した年次財務諸表(監査済み)の作成及びその補助の対価

主たる事務所の提供報酬

当ファンドにつき年間6,000米ドル(事務管理会社の関連会社に支払われる)当ファンドの主たる事務所を提供することの対価

代行協会員報酬

純資産価額の年率0.1%日本の法令及び日本証券業協会の規則に従い、受益者への目論見書や財務書類を送付し、純資産価額を公表する等の業務に対する報酬

その他の費用
  • 取引手数料・目論見書等の作成、印刷費用
  • 弁護士費用(ファンドにかかる契約書類の作成業務、目論見書等の開示・届出資料作成業務、監督当局への届出に関する業務、及びこれらに付随する業務の対価)
  • 税金等

上記のその他の費用等は、ファンドより実費として間接的にご負担いただきます。
その他の費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率若しくは上限額等を示すことができません。

注意点

手数料及び報酬等の合計額について:上記の投資家が支払う各種手数料及び報酬等の合計額及びその上限額については、申込みがなされ、純資産価額が算出されるまで確定しないことから、本目論見書においては記載することができません。
手数料及び報酬等の詳細については、請求目論見書を販売会社にご請求いただき、その内容をお読みいただくか、EDINET(金融庁の開示書類閲覧ホームページhttp://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)に開示された有価証券届出書等(ファンドコード「G11302」)をご覧いただき、ご確認ください。

※当ファンドの申込み及び買戻請求に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定によりいわゆる「クーリングオフ規定」が適用されません(締切期日を過ぎての申込みの撤回や買戻請求の取消はできません。)。

運用報告

管理会社は、投資信託及び投資法人に関する法律(昭和26年法第198号)に基づいて、当ファンドの計算期間の末日(当初サブファンドの第1計算期間の末日は2016年12月31日、以降は毎年12月31日)後、速やかに当ファンドの資産に関する事項を記載した運用報告書(全体版)及び交付運用報告書を作成し、日本における代理人を通じて金融庁長官に提出します。交付運用報告書は知れている受益権者に交付されます。

投資リスクについて

当ファンドの純資産価額は、マスターファンドの投資対象の価格変動のほか、為替や金利の変動、及び(ゴールド円クラス及びシルバー円クラス並びにゴールド米ドル・クラス及びシルバー米ドル・クラスについては)米ドル建ての金価格又は銀価格の変動による影響を受けて、上昇又は下落します。したがって、これらの変動によって投資元本を割り込む場合があり、さらには投資元本の全額が失われる可能性も否定できません。当ファンドの運用による損益は、すべて投資家(受益権者)の皆様に帰属します。

投資リスクの詳細については、請求目論見書を販売会社にご請求いただき、その内容をお読みいただくか、EDINET(金融庁の開示書類閲覧ホームページhttp://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)に開示された有価証券届出書等(ファンドコード「G11302」)をご覧いただき、ご確認ください。

※弊社では、シルバークラスの取扱いはしておりません。

リスク管理について

管理会社、マスターファンド投資顧問会社及びマスターファンド投資顧問会社のポートフォリオ・マネージャーは、当ファンド及びマスターファンドのポートフォリオ運用につき、「ファンドの目的・特色」に記載された投資方針を厳格に遵守します。また、マスターファンド投資顧問会社のコンプライアンス担当者は、マスターファンドが投資方針を遵守していることを監視・確認します。さらに、マスターファンド投資顧問会社のポートフォリオ・マネージャーは、特定の投資戦略について投資方針を補完する内部ガイドラインを有します。これらの内部ガイドラインは、戦略及びポジションの分散、ボラティリティの抑制及び適度のレバレッジ等を要求するものです。マスターファンド投資顧問会社は、リスク管理に加えて投資決定についても、完全に系統化されたトレーディング・システムを使用しています。

マスターファンド投資顧問会社のポートフォリオ・マネージャーは、投資決定に関する裁量権を持たず、トレーディング・システムの要求に正確に従うことが求められます。かかるトレーディング・システムを使用することにより、経常的な投資決定プロセスにおいて人間の感情はほとんど除外されます。

トレーディング・システムは、利益の最大化より資金の維持を優先させるように設計されています。自動トレーディング・システムは、システムリスクを軽減するため、基準となる変数を多様化し、さらに、ポジションが形成される前に、市場の相関関係及びボラティリティに基づき、かかるポジション毎の最大の未確定リスクを設定します。ポジションは、損失を確定させるため、あるいは上記の市場ボラティリティ又は相関関係の変化を受けての調整又は利益を確定させるために決済されますが、かかるシステムが先例と同様の結果をもたらす保証はありません。また、かかるトレーディング・システムは、世界中の主要な市場にて取引を行うことによる地域市場に関連したリスクの軽減も行っています。市場の効率性は定期的に再査定され、特定の市場が市場ポートフォリオへ追加され、又は市場ポートフォリオから削除されます。マスターファンド投資顧問会社が所在する地域における災害に関連するリスクを最小限に抑えるため、かかるトレーディング・システムの予備システムが、マスターファンド投資顧問会社とは地理的に異なる場所で保守されています。

主なリスク要因

当ファンドの主なリスク要因は下記の通りです。これらのリスク要因は、当ファンドの資産の最大100%がマスターファンドに投資されるという事実に基づいて記述されています。

一般的な投資リスク 当ファンドのマスターファンドは、スワップ、想定元本取引、商品先物及び商品オプション取引等の取引を利用することができ、空売り、レバレッジ、カバーされないオプション取引、ワークアウト、非流動証券、非米国証券及び付帯為替取引並びに極めて集中的なポートフォリオ等の投資技法を用いることがあり、それらの技法は重大な投資リスクを生じさせ、特定の状況下においては市場又は投資の動きによる影響を拡大する可能性があります。

商品先物取引及び金融先物取引 マスターファンド投資顧問会社は、商品先物取引及び金融先物取引並びにこれらの取引に対するオプションに投資することができます。商品先物市場及び金融先物市場は極めて不安定であるため、投資の収益性はマスターファンド投資顧問会社の当該市場に対する正確な分析能力に依存しており、その能力は需給関係の変動、天候、商品市場、金融市場に影響を及ぼすことを目的とした政府、農業、商業及び貿易計画並びに方針、世界の政治的・経済的事象及び利率の変動等による影響を受けます。さらに、商品先物取引及び金融先物取引並びにオプション取引への投資は、レバレッジに関連する付加的なリスクを伴います。

金、銀及びその他貴金属への投資 当ファンドのマスターファンドは、金、銀、プラチナ及びその他の貴金属の現物並びにその関連商品に投資することができます。金、銀及びその他の貴金属の価格は大幅に変動し、(ⅰ)世界及び地政学的、経済的及び財務的な状況、(ⅱ)将来のインフレ率、及び世界の株式市場、金融市場、不動産市場の動きに関する投資家の予想、(ⅲ)世界における金、銀及び貴金属の供給と需給動向(需給動向は、生産者による産出量と先渡し売買高、中央銀行による売買、貴金属の実需、再利用貴金属の供給、投機的需要と産業向け需要等の数多くの要因による影響を受けます。)、(ⅳ)金利及び為替レート、特にユーロ及び米ドルの動向及び信頼度、並びに(ⅴ)ヘッジ・ファンド、商品ファンド等の投機筋の投資及び取引活動等、数多くの要因による影響を受けます。当ファンドのゴールド円クラス及びゴールド米ドル・クラス並びにシルバー円クラス及びシルバー米ドル・クラスの純資産価額は、米ドル建ての金価格並びに銀価格の変動による影響を受けるほか、マスターファンドにおいて金先物取引並びに銀先物取引等に必要となる証拠金の水準によって影響を受けます。また、金先物契約並びに銀先物契約等を保持するための証拠金の金額が増加すると、計画通りに投資を実行できない可能性があります。さらに、金価格並びに銀価格はマスターファンド投資顧問会社が制御不可能な複数の要因によって大幅に変動する可能性があります。さらに、マスターファンドのクラスA(ゴールド)シェア及びクラスA(シルバー)シェアの投資資産の全体が、金価格又は銀価格に対して常に振るヘッジされるという保証はありません。

外国為替相場の変動及び為替ヘッジ マスターファンド投資顧問会社は、マスターファンドの資産を保護するために為替ヘッジ取引を行うことができます。しかし、変化を続ける市場においてかかる為替ヘッジ取引を行うことは常に可能ではない場合があります。マスターファンドの各シェアの運用実績は、通貨に対する各自のエクスポージャーによって互いに異なります。かかる投資の資産価値は、そのような変動をヘッジするための努力にもかかわらず、プラスにもマイナスにも、外国為替市場における変動に影響されます。加えて、資産及び負債が主に投資通貨以外の通貨建てである場合は、投資通貨及びかかるその他の通貨間換算レートの変動に起因する潜在的損失を被る可能性があります。

レバレッジの利用 マスターファンド投資顧問会社は、一定の制限とリスク管理のもと、オプション、スワップ、空売り、先物及びその他のデリバティブ商品取引においてレバレッジを利用することがあります。レバレッジにより、マスターファンドの総収益が増加する機会が開かれるものの、同時に損失が増加する可能性もあります。そのため、マスターファンドの投資に悪影響を与える事象は、マスターファンドにレバレッジがかけられている限度で拡大されます。マスターファンドの投資に不利な値動きをする市場においてレバレッジを利用する累積的影響として、マスターファンドが多大な損失を被る可能性があり、その損失はレバレッジがかけられていない場合よりも大きくなります。

取引相手方リスク マスターファンド投資顧問会社が関与する各種取引の相手方である当事者又は取引を仲介する仲介業者、先物取次業者等の財務健全性又は信用度に関連したリスク(破綻、債務不履行、支払不能、資産分別不履行等)により、マスターファンドの資産が減損する可能性があります。

管理リスク マスターファンドの投資戦略は随時修正及び変更されているため、将来用いる投資戦略が全ての市況において有効であるという保証はありません。マスターファンドの投資戦略及びトレーディング・システムは、コンピュータを広範に活用します。情報を照合する又はトレーディング手法を開発し運用するためにコンピュータを使用することは、当該手法が成功することを保証するものではありません。コンピュータは、情報を集積し整理し、人間が開発したアルゴリズムを実行する助けに過ぎません。よって、コンピュータで生成された情報に基づくトレーディングに関する決定がマスターファンドに利益を生じさせる保証はありません。

※重要事項 過去の運用実績は、将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。ファンドは、大幅な市場価格の値引きのある先物及び有価証券等に実質的に投資します。また、円ヘッジ有クラス以外のクラスに投資する場合、為替変動リスク又は金及び銀価格の変動リスクが大きく影響するため、それらの要因より基準価格は大きく変動する可能性があります。したがって、投資元本が保証されたものではありません。ファンド運用による損益はすべて投資者の皆様に帰属します。お申込みの際には、必ず投資信託説明書(目論見書)などの詳細をご確認の上、お客様ご自身でご判断ください。

第一種・第二種金融商品取引業(関東財務局長(金商)第236号)、商品先物取引業(店頭商品デリバティブ取引)
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本商品先物取引協会、日本投資者保護基金
一般社団法人日本仮想通貨事業者協会 準会員 会員番号2024

pagetop

資料請求のお問い合せはこちらのメールフォームまたはお電話にて承っております。