ファンドFund

スーパーファンド

スーパーファンド

「スーパーファンド」は、1995年にクリスチャン・バハにより創立されました。スーパーファンドの投資戦略の成功は、テクニカル・トレーディング・システムの研究開発によるものです。ファンダメンタルな情報を排除し、価格情報や市場データを基に明確なルールを徹底して適用することが、投資哲学の中核の一部となっています。市場環境に関わらず安定的な収益を目指すには、優れたトレーディング・システム、データ分析とリスク管理の自動化を最重視する必要があります。その結果、スーパーファンドは金融業界の世界有数のハイテク企業の一つとなりました。

受賞歴(スーパーファンド公式サイト) 受賞歴(スーパーファンド公式サイト)

投資哲学

1996年より実証済み 最初のファンドを1996年に設定して以来、スーパーファンドは独自の自動化トレーディング・システムを採用してきました。テクニカル分析を基本とした明確なルールを徹底して適用することが、投資哲学の中核の一部となっています。市場環境に関わらず安定的な収益を目指すには、優れたトレーディング・システム、データ分析とリスク管理の自動化を最重視する必要があります。

スーパーファンドの投資哲学の原点は、以下の3つです。
  • システマティック投資戦略システマティック投資戦略
  • 広範な分散投資広範な分散投資
  • 厳格なリスク管理厳格なリスク管理

スーパーファンドのファンドは、株式や債券市場、ヘッジファンド等との相関性が低いため、ポートフォリオの分散化に効果があり、市場環境に関わらず比較的低いリスクで長期的リターンを上げる可能性を持っています。取引判断は、事前に定義されたルールに基づき、システムが瞬時に一貫して行うため、人間の感情は投資決定プロセスから排除されます。

投資対象の一例

スーパーファンドのトレーディング・システムは、金融・商品先物市場でさまざまな投資収益機会を見出しています。投資対象の分散化は市場リスクのヘッジにもなります。

投資収益機会投資収益機会
株価指数DAX、ダウジョーンズ、CAC40、ハンセン、S&P500、ナスダック100、FTSE100、SMI…金属金、プラチナ、アルミニウム、銀、銅、亜鉛、ニッケル…
債券米国債、米国10年国債、英国債、日本国債、豪国債…エネルギー原油、灯油、天然ガス、ガソリン、ブレント原油…
通貨ユーロ、米ドル、英ポンド、スイス・フラン、日本円、豪ドル等農産物コーヒー、綿、砂糖、ココア、畜牛、豚赤身肉
金利3ヶ月EURIBOR、3ヶ月ユーロドル、英ポンド短期金利、ユーロ円、3ヶ月ユーロスイス穀物とうもろこし、大豆、小麦、米、ライ麦、オート麦…

各市場への投資比率は、市場の状況により継続的に調整されます。

各種スーパーファンド投資戦略と特色

歴史ある運用手法を採用現在、スーパーファンドには完全に独立しそれぞれ特色のある3つの投資戦略があります。これらの戦略は、金融市場のプロや機関投資家により長年使われてきた投資戦略です。スーパーファンドは、これらの戦略を完全に自動で運用する新しい投資商品を世界中の個人投資家に提供する点で、パイオニアとなりました。

スーパーファンド・グリーン・ワン・ジャパン

長期的に優れた実績を持つ
スーパーファンド・グリーン・ワン・ジャパンにより運用される外国籍投資信託

投資戦略 スーパーファンド・グリーン戦略は、分散投資、テクニカル分析、トレンドフォロー、リスク管理の4つの基本方針により支えられています。世界中の約150の金融先物と商品先物市場を対象に幅広く分散投資しているため、株式、債券、ヘッジファンド等との長期的な相関性が非常に低く、多くの投資ポートフォリオの分散化への効果が期待できます。

特色
  • 特徴1

    相場の動向にかかわらず収益獲得が可能な運用手法’マネージドフューチャーズ’を採用 商品先物や金融先物市場に分散投資し、相場の上昇・下落の両局面において収益の確保を目指すマネージドフューチャーズという運用手法を採用。従来の買い持ち型のファンドと異なり、マネージドフューチャーズは、売り買い両方のポジションを駆使できます。

  • 特徴2

    伝統的な投資先との低い相関性 世界中の流動性の高い先物市場が取引対象。株式や債券、ヘッドファンドなどの値動きと長期的な関連性を持たないため、ポートフォリオに組み入れることで、ポートフォリオ全体のパフォーマンスを安定させる効果が期待できます。

  • 特徴3

    4つのキーワードによる独自のマネージドフューチャーズ戦略を構築 多様性、完全自動化トレーディングシステム、定量分析モデル、リスク管理という4つの基本方針に基づく独自戦略を構築し、長期間にわたり高いレベルでの投資運用を継続し、様々なマーケット環境に適応する投資戦略を実現しました。

スーパーファンド・レッド・ジャパン

短期トレーディングアプローチを採用する
スーパーファンド・レッド戦略により運用される外国籍投資信託

投資戦略 スーパーファンド・レッド戦略は、数多くの異なる短期トレーディング・システム から構成されており、世界中の約60の先物市場および外国為替市場を取引対象としています。これらの市場は相関性が低い動きを示すため、数多くの異なる市場を取引対象とすることで、複数の短期ポジション(通常保有期間は1日から10日)の少なくとも一部から利益を上げる機会を見つけることが可能です。

特色
  • 特徴1

    マネージドフューチャーズ戦略の採用 商品先物や金融先物市場に分散投資し、相場の上昇・下落の両局面において収益の確保を目指す運用方法を採用しています。

  • 特徴2

    広範な分散投資 流動性が高い世界中の約60の金融先物市場および商品先物市場を取引対象としています。

  • 特徴3

    短期トレーディング・システム 昨今の市場環境を念頭に置き、中長期トレンドとは別に存在する短期トレンドを利用することを目的として開発されています。

  • 特徴4

    複数の異なるトレーディング・システムを利用 複数のトレーディング・システムを組み合わせることによって強力な分散投資システムを形成し、比較的低いリスク水準で平均以上のリターンを上げることを目指します。

スーパーファンド・ブルー・ジャパン

安定的な収益を目指す
スーパーファンド・ブルー戦略により運用される外国籍投資信託

投資戦略 スーパーファンド・ブルー戦略は、スーパーファンドが独自で開発した完全自動化トレーディング・システムで運用されています。主に欧州、アジア、米国など世界の主要株式市場に上場された流動性の高い約3,500銘柄の株式を投資対象としています。その他資産クラスとの相関性が非常に低いため、多くの投資ポートフォリオの分散化に効果があると期待されます。

特色
  • 特徴1

    株式マーケットニュートラル戦略の採用 株式市場全体の変動の影響を抑え、過去20年以上安定的な収益を実現している、着実な収益を目指す株式マーケットニュートラル(市場中立)という運用手法を採用。

  • 特徴2

    市場環境にかかわらずリターンを追求 従来の買い持ち型ファンドとは異なり、株価指数先物の売りと組み合わせることで、株価下落局面でも利益を得る可能性があります。

  • 特徴3

    世界中の株式市場を対象に、短い保有期間でのテクニカル運用 世界中の株式市場を投資対象とし、さらに保有期間を短くすることでファンダメンタル要因による誤算を排除したテクニカル運用を行います。

  • 特徴4

    コンピューター・トレーディング・システム運用での人間の感情を排除 株式マーケットニュートラルを、独自の完全自動化トレーディング・システムで運用。取引に関する意思決定から人間の感情移入による誤算を排除し、公平な投資判断を行います。

各種スーパーファンドの運用実績

スーパーファンド・グリーン・ワン・ジャパンスーパーファンド・グリーン・ワン・ジャパンスーパーファンド・ブルー・ジャパン

※重要事項運用実績は、すべての間接費用(申込手数料及び税金は除く)差し引き後の純収益で表しています。過去の運用実績は将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。金融商品等には価格の変動等による損失を生じる恐れや場合によっては投資金額全額を失う恐れがあります。商品毎に手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面や目論見書またはお客様向け資料を良くお読みください。

代行協会員概要

商号等
スーパーファンドジャパン株式会社
(Superfund Japan Co., Ltd.)
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第98号
本社所在地
東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルタワー10階
加入協会等
日本証券業協会、日本投資者保護基金
主な事業
金融商品取引業
資本金
275百万円(2016年3月末現在)
設立
2005年11月

第一種・第二種金融商品取引業(関東財務局長(金商)第236号)、商品先物取引業(店頭商品デリバティブ取引)
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本商品先物取引協会、日本投資者保護基金
一般社団法人日本仮想通貨事業者協会 準会員 会員番号2024

pagetop

資料請求のお問い合せはこちらのメールフォームまたはお電話にて承っております。