cfd

CFDレポート

メールマガジン

あい証券がお届けするCFD取引に役立つレポートマガジンです。市場の動きを毎営業日配信いたします。

メールマガジンの登録・解除は、下記のフォームより行ってください。

パソコン向け あい証券がお届けするマーケットレポート CFD版 (現在、休止中です。)

メルマガ登録・解除 あい証券 マーケットレポートCFD版

メールアドレス

携帯向け あい証券がお届けするマーケットレポート CFD版 (現在、休止中です。)

メルマガ登録・解除 あい証券 マーケットレポートCFD版

メールアドレス

powered by ミニまぐ!

原油-OIL マーケットコメント

NY 原油 日足12月限

 oil1022

NY原油マーケットコメント

10月22日 

10月21日のレンジ 始値101.05  高値101.21  安値99.40  終値99.71

10月21日の原油12月限は前営業日比1.40ドル安の99.71ドルで取引を終えた。
原油12月限は、アジア時間から軟調に推移し、欧州時間には一時99.79ドルまで下落した。
売り一巡後は、EIA(米エネルギー情報局)石油在庫統計の発表を控え、買い戻しが入り100.68ドルに回復する場面があった。しかし、NY時間に入り、EIA石油在庫統計で原油在庫が市場予想を上回る399.9万バレルの積み増しとなったこと受けて、再び売りが優勢となり、一時99.40ドルまで下落した。

 

 

スポット金-SPOT GOLD マーケットコメント

スポット金 日足

 gold1022

スポット金マーケットコメント

10月22日

10月21日のレンジ 始値1315.1  高値1324.0  安値1313.5  終値1315.8

10月21日のスポット金は、前営業日比1.2ドル高の1315.8ドルで取引を終えた。
スポット金は、アジア時間は米量的緩和(QE)縮小観測が後退していることが金市場への資金流入を促すとの見方から買い優勢の展開となり、一時1324.0ドルまで上昇した。
しかし、欧州時間に入ると、米10年債利回り上昇を手掛かりに外国為替市場でドルの買い戻しが優勢になると、ドルの代替資産とされる金に利益確定の売りが入り、一時1313.6ドルまで下落した。その後は買い戻しが入り、1319.9ドルまで反発した。しかし、NY時間に入ると、9月米雇用統計の結果発表を明日に控え、利益確定の売りが入り1313.5ドルまで下落した。
 

 


米国NY30- マーケットコメント

米国NY30 日足12月限

   nydj1022

米国NY30-マーケットコメント

10月22日

10月21日のレンジ 始値15325  高値15363  安値15295  終値15320

10月21日の米国NY株価指数先物12月限は前営業日比8ポイント高の15,320ポイントで取引を終え、4営業日連続して上昇した。
米国NY株価指数先物12月限は、翌22日の米9月雇用統計を見極めたいとの見方からアジア時間からNY時間まで方向感に欠ける展開が続いた。NY時間には、米9月中古住宅販売件数の結果が発表されたが、予想の範囲内のため材料視されず、値動きは限定された。
 

  

インターネット取引コースの口座開設は以下からお申込ください。

 

当レポートは信頼できると判断するデータを使用して作成しておりますが、掲載する内容の完全性、確実性について、弊社は何ら保証するものではありません。お客様が当レポートを利用された結果生じた損失について弊社はその責任を負うものではありません。この資料は専らお客様に対する情報提供を目的としたものであって、特定の商品を勧誘するものではありません。投資の最終判断はお客様ご自身でなさいますよう、お願い申し上げます。